歯が抜けたまま放置するとどうなりますか?

歯が抜けたまま放置するとどうなりますか?

 

虫歯や歯周病で歯が抜け、そのまま放置していると、歯の位置が大きく変わってしまいます。また、食べたり、話したりすることが難しくなり、抜けた場所によっては見た目も悪くなります。まず、抜けた歯の反対側の歯が伸びます。これは噛み合う歯がないためです。抜けた歯の両隣の歯が内側に傾いてきます。1本抜けただけでも、咬み合わせのバランスは崩れてしまい、本来の歯の位置を保てなくなってしまいます。

 

咬み合わせが変化し、顎が痛くなる、口が開かない、歯が伸びる倒れる、歯の寿命が短くなったりする、歯がグラグラになるなどデメリットしかありません。

 

歯を抜いた後に歯の機能を補わないと、口腔機能の崩壊が始まってしまいます。残った歯も徐々に本来の役割を果たせなくなり噛めなくなる前に、早めに治療を行う必要があります。

 

見た目の影響

歯が抜けると見た目の印象が悪くなります。

また歯の抜けた部分は骨が下がるので、歯ぐきも下がってしまうデメリットがあります。他にも、頬がこけて見えたり、頬が内側に寄ってシワの原因になり、顎がたるむといった老けた印象を与えてしまいます。

 

歯が抜けた状態を放置してしまうと、顔全体が老けた印象になります。

歯がないコンプレックスから笑顔がぎこちなくなり

コミュニケーションに自信を持てなくなる方もおられます。

 

生活での影響

咬み合わせのバランスが崩れることで食事や発音、認知機能にも大きな影響を及ぼすことが分かっています。食べ物を上手に咀嚼ができないということは、胃や腸への負担が大きくなります。また、発音する際に歯が抜けた場所から息が漏れてしまい、「ハ行」「ラ行」「サ行」などがうまく話せないこともあります。

また、きちんと噛めなくなると、脳への刺激が減少し、認知症のリスクを高めてしまいます。

 

入れ歯を入れる目的は口腔内の機能の回復と安定した状態に保つことにあります。

心身ともに健康を保てるように早めにご相談ください。

 

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146 京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内

TEL:075-331-7070

URL:https://sakanoshika.com/

Google情報:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

入れ歯専門サイト:https://gishi-kyoto.com/

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL