入れ歯のお手入れ方法はありますか?

入れ歯のお手入れの仕方

 

入れ歯にも歯と同じように入れ歯に歯垢や細かい食べカスがつきます。毎日のお手入れで入れ歯を清潔にしておくことが大切です。

入れ歯のお手入れが不十分な場合

  • 口臭が発生しやすくなる
  • 口内炎の原因になる
  • 入れ歯に色が付いたりや歯石が沈着しやすくなる。
  • 部分入れ歯の場合は、クラスプ(金具)などがかかっている歯が歯周病やむし歯になりやすくなる

 

これらのトラブルを防ぐためにも、入れ歯と口のお手入れを行い、清潔でいることが大切です。

 

入れ歯のお手入れ方法

 

1.流水下で洗う

水を張った洗面器やタオルの上で洗浄します。

小さな入れ歯でも必ず外してから手の平にのせて洗面器の上でみがきましょう。

義歯用ブラシを使用しましょう。

ゴシゴシと力を入れすぎないようにしてください。

歯肉などに接する内面をみがきすぎると、傷ができ、すき間ができてしまう原因になります。

細かい部分は小さいブラシや綿棒を使ってください。

 

2.ぬるま湯に義歯洗浄剤を入れた後、入れ歯を浸けます

義歯洗浄剤を使用することで義歯ブラシだけでは落としきれなかった汚れやカンジダ菌などの細菌を取り除きます。1日1回は義歯洗浄剤を使用して清掃することをお勧めします。

入れ歯の浸漬時間は使用方法に従ってください。

入れ歯の変形の原因になるため熱湯は絶対にやめてください

 

3.義歯用ブラシで義歯洗浄剤と浮き上がった汚れを洗い流します

汚れやすい部分(クラスプやくぼみ、歯と歯の間)は丁寧に磨いてください。

 

自然歯のお手入れ

金属の部分(クラスプ)をかける歯や入れ歯と接している歯は汚れがたまりやすい為、むし歯や歯周病になる恐れがありますので、丁寧に磨いてください。

 

クラスプがかかっている歯のみがき方の工夫

歯ブラシを横から入れて小さく動かしてみがきましょう。歯ブラシの角度を変えることで汚れが取れやすくなります。

また、入れ歯の内面と接する歯肉などの粘膜も清掃し綺麗に保ちましょう。

 

注意事項

毎食後と就寝前にお手入れをしてください。

自然歯用の歯磨き粉は使わないでください。傷がつきます。

最初は固い物やおおきな物を無理に食べずに少しずつ、ゆっくり食べてください。

入れ歯は強い力で噛むので歯茎が傷ついて痛む場合があります。

そういう時は当たる部分をご確認の上、ご来院ください

ご自身で入れ歯は調整しないでください、合わなくなります。

就寝時は外して入れ歯専用の洗浄剤につけてください

乾燥すると割れやすいので、持ち運びをされる時はハンカチを濡らして包むなど工夫してください。

入れ歯は噛んで入れないでください、変形する恐れがあります。

 

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146 京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内

TEL:075-331-7070

URL:https://sakanoshika.com/

Google情報:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

入れ歯専門サイト:https://gishi-kyoto.com/

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL